どこにでもおる平凡な高校の高槻リョウ

どこにでもおる平凡な高校の高槻リョウは幼馴染といっしょに平和な生活を送っていた。

但し、たちまちおんなじ高校生に転校してきたハヤトという少年がリョウを屋上に掘り起こす。ただのトラブルだと思っていたリョウだったがハヤトに左腕にはARMSと呼ばれる異形のものが住み着いていたのだった。

そうして、ハヤトのARMSに共鳴してリョウの味方も異形のものへといった変わって言う。

誠にリョウは小さい位に味方を失うオペレーションをしたときに超兵器のARMSを埋め込まれたのだった。突然のことに迷うリョウだったが、彼の住んでいた背景は大きく変わって行くこととなる。

「エグリゴリ」と呼ばれる私的結社が二人に埋め込まれたARMSをもとめて襲い掛かってきたのだった。和風政府やアメリカ合衆国軍にすら圧力をかけることができるエグリゴリ。新たに浮き出る同じくARMSを持つ班たち。そうして、仇敵。

リョウたちに埋め込まれたARMSに隠れる全人間を巻き込む危ない構成は?

なぞがなぞを呼ぶ、本格SFムーブメント戯画のナンバーワンが今ここに。

緻密なメニューで描かれているため、徹頭徹尾戯画を切り取ったかのようです。また、構築もかなり凝っている結果本格SFが好きな人物にもおススメの品物だ。