それでもロマンスが実ったのも暫時

「ギンギン100%」は、集英社Cookieに連載されていたお嬢さん漫画だ。水沢めぐみちゃんが描かれていらっしゃる。イラストレーションがすこぶる良いし、育ち話なので読んでいておかしい漫画だ。
キャラクターは、女子高生の品川先だ。みんなにはみくと呼ばれていらっしゃる。みくはおんなじクラスメイトの渋谷悠介に片想いをしています。それでも自分に自負がないみくは、渋谷君に思いを教える事が出来ません。も穏やかだったみくは自ずとおしゃれになり、渋谷君とのロマンスが実るのです。
それでもロマンスが実ったのも暫時、みくに新設動揺が出来てしまいます。渋谷君との取り違えや行き違いなどが重なったり、渋谷君に焼き餅を通してしまったり、他にも面皰やダイエットに悩んだりという動揺はつきないものだ。けれどもこれって誰でも受かる流れだと思うので、読んでいてみくを応援したい気分になりましたね。見守ってあげたい気分になりました。
それから祐天寺恒という気質が、二人のロマンスの架け橋になり、みくの良き認知者だったので良かったなと思いました。この気質が近くにいると無事故ですなと思いました。内容がすすむにつれ、みくがしだいに積極的になってきたのが嬉しかったです。同じシーンのお子さんにも勇気を送る漫画だ。