現実にはありえない講話ではありますが、

「南ちゃんの家内」は、内田春菊ちゃんの漫画で、テレビドラマ化もされている品物だ。

 

高校生三年生の堀切ちよみはある日さっさと、身長16cmというどうしてもちっちゃなクライアントになってしまいます。ちよみ自身には変わりないのですが、かなりリカ様フィギュアのように小さくなってしまうのです。現実にはありえない講話なのですが、不思議と講話に入り込めます。ちよみに心持ち移入してしまう。

 

ちよみはおんなじ高校生三年生の南ちゃんって同棲行なう。同棲といってもちよみはちっちゃな容姿のままです。南ちゃんはもちろん普通の体躯なので、対等の関係ではないのです。ちよみは一人では外に出る事も当然出来ません。南ちゃんに依存しなければいけない容姿が読んでいて、胸中がムズムズしました。

 

現実にはありえない講話ではありますが、ちよみに心持ち移入してしまうと甚だ他人事とは思えない講話だ。ちよみの意欲を思うと色々な心情が巡って来てしまいますね。

 

やめも衝撃的で涙が立ち寄りませんでした。こういう漫画は終始母乳の中に残っていて、記憶に残る漫画となっています。テレビドラマよりも漫画の方がごっそり読めるので、こういう品物に没頭するのも早いですし、読後はこういう漫画の事が頭から離れないくらいに印象的な漫画だ。http://machigaetee.x.fc2.com/

確かに海の向こうでは試合があって授業が修羅場になって

ボクの授業は修羅場だった、まったくインパクトの強い標題なんですが。

元来、ギャクマンガです。

確かに海の向こうでは試合があって授業が修羅場になって、学校を断念するお子さんもあるでょう。

ですが、これは日本の授業で真に学生たちが争うんですから。

ナチュラル、ありえない出店だ。

 

というか、本当に、あったらPTAに袋叩きにされてしまうでしょう。

機構銃を乱射、セーラー服の女子が手榴弾を投げる。

信じられない景観だ。

しかも、校内を戦車が駆けるんです。

 

作者の楠桂教官も凄いですよね。

 

こういう作、お嬢さんアニメですよ。

確かに冗談マンガなんですが。

甚だ際どい話です。

というか、実情ではありえない言葉です。

って効くうか、戦車って甚だしく恐ろしいんです。

 

なので、戦車が走りまわったらグラウンドがでこぼこになるんです。

ほぼ、騒音も酷いでしょうし。

元来、アニメの中の言葉です。

 

も、そんな授業になんだか、平穏ポリシーヒトの主役が転校してきたことから始まるんです。

というか、事前に授業のサマリーとか判らなかったんでしょうかね。

も、転校してから彼の悲惨なトライが貫くんです。

 

で、結局は彼も銃を取って張り合うんです。

要は朱、寝るといった誠にやらというわけです。

ただ、こういう作は古臭いですから古本屋しか売っていないかもしれません。

皮膚科に行かなくても大丈夫です