ヒロインのアラレ君がロボットという不思議なダイアログ

こういうコミックはヒロインのアラレ君がロボットという不思議なダイアログだ。

 

天才科学フェチの則巻せんべいがパーソンスタイルのママロボットを作ったところから始まります。

 

アラレ君がロボットはひた隠しなのですが、アラレ君は心中をはずしたりしてしまいます。

 

せんべいはアラレ君に家から出ないように言います。

 

ただし、公約をやぶり外に出てしまう。

 

スタミナも学力もパーソン以来なので、ペンギン村を非常識としてしまう。

 

パトカーにぶつかれば、パトカーを大破させるし、甘くグラウンドを叩けばわれ目がしたりしまう。

 

駆けるのも全く少なく、すっといなくなります。

 

アラレ君は、たえず明るく近くを元気にしてくれます。

 

そうして、アラレ君は原始時代に時刻スライドしたときに卵をみつけます。

 

その卵を現代に持って帰ります。

 

そうなると卵から出てきたのはガッ君。

 

ガッ君は触角という羽を持っていて、ゴム以外のものは何でも食べます。

 

エンゼルで思い切り可愛らしく管理して増えて行きます。

 

せんべいがあこがれる山吹医者と結婚するのですが、プロポーズが明るいだ。

 

せんべいが便所の昔で山吹医者にプロポーズの発展をしていると、便所の中には山吹医者がいて意外とプロポーズされたと思い、うんといった返事をするのです。